味噌レシピ冷汁

味噌汁とか鍋とかのイメージは、冬の寒い夜に家族みんなで温まると言うものです。
この冷汁は全く違うものです。その名のとおり冷えた味噌汁です。
宮崎県の暑い夏の郷土料理では、各家庭でも普通に食べられています。
地元では夏バテの回復に、とても効果があるとされています。
材料もきゅうりを入れる事を除けば、各家庭で違っています。
作り方も微妙に違うものがあります。
食べ方も炊き立てのご飯にかける事もあれば、冷やしたご飯にかける事もあります。

材料(4人分)
・白ごま:大さじ3
・煮干し:150g
・麦味噌:大さじ2
・おぼろ豆腐:1丁
・魚のほぐし身(魚は何でも良い):適量
・きゅうり:1本
・青しそ:5枚
・水:3カップ

1.煮干しを炒ります。
2.炒った煮干しを白ごまと一緒に、すり鉢ですりあげます。
3.さらに麦味噌を加え、混ぜ合わせます。
4.すり鉢の周りに味噌を塗り付けます。それを逆さまにして火にかけあぶります。
5.味噌が芳ばしくなって色が濃くなったら、味噌を水で延ばしていきます。
6.さらに、魚のほぐし身、豆腐を手で崩しながら混ぜ込みます。
7.きゅうりは薄く輪切りにして、青しそは細かく切って混ぜ込みます。
8.冷蔵庫で冷やしたら、完成です。